<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

始動

色々な出来事が立て続けで
精神的にまいってきてた。

お酒で発散できるでもなく
1月後半から始めたダイエットで6キロ目までダウン継続中につき
食べて発散もできずで

自分的には

やっぱり…

カラオケ(単純)

でもね、二人で3時間半
交互に歌っているけど
その間隔は長くても5分。

声、かれるって…orz

それでもおなかから声を出すって
なんてスッキリするんだろう。

ふざけんじゃねぇ!って言葉を
何度も何度も飲み込んで
日々深夜残業をしている状態で
どこかで吐き出さないと自分が壊れそうだ。

定期的にでも通院しなきゃ、うん。
レパートリーを増やすために
帰りにツ○ヤで5枚アルバムをレンタル。

うまく発散して
ためずにやっていかなきゃ…
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-26 21:21 | ひとりごと | Trackback | Comments(7)

決意

ご無沙汰しておりました。
娘は結局サクラ咲かず

今日、追加合格の連絡最終日でしたが
電話は鳴らず…
必然的に私立に行くことになりました。
娘にしてみれば
受験当日にインフルエンザにかかり
納得のいかない結果であったわけで。

でも学区で上位高校を受けた友達が
合格確実と言われていたにもかかわらず
落ちたという結果を知り母子して落ち込んでしまった。
…人の心配してる余裕なんてないのに…

それでも気持ちを切り替えて
決まった学校で三年間頑張ってほしい。


なにより経済的部分が
かなりキツいけど(;_;)
娘のためだから母は頑張る。
人間性の腐ったやつらばかりの会社でも
娘のためと思って頑張る…

久々の更新がネガティブですいませんm(__)m
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-22 23:15 | ひとりごと | Comments(5)

終わった…

朝、娘はやはり熱が下がらず状態だった。

でもどうしても行くと。

そりゃそうだな。

なんのためにここまで頑張ってきたのか意味がなくなるし…

解熱剤を飲ませていざ面接へ。

喘息の発作も同時発症しているため
なにかあったら怖いので母も学校近くまでついていき待機する。

学校そばのショッピングモールで待つこと2時間。

やりきった顔をした娘に「よく頑張ったね。お疲れ様」と声をかけ
そのまま病院へ。

昨日、早すぎて出来なかった検査を受ける。
・・・長い綿棒みたいのを 鼻から突っ込むわけね…(怖

待つこと数分。

医者からの一言

「陽性ですね。A型です」

う、うそ…( ▽|||)サー 

よく39度の熱で試験を受けられたものだ…気力だけで頑張ったんだろうな…

で、

インフルエンザとなれば、ほら
今話題のあの薬なわけで…

治療薬としてはとてもいいものだからと医者から薦められても
やっぱりダメ。拒否反応。
それは嫌だと告げると、もうその答えをわかっていたように
別の薬があると言われた。それがコレ

a0011808_21414416.jpg


吸入薬でも十分効果があるようだ。

娘はこの1年、無遅刻、無欠席、無早退
喘息を持ちつつ休まずいられたのはこの1年だけ。
いつも入退院の繰り返しだったことを思えば感動的な出来事なわけで
どうしても皆勤で卒業したいという。

でも、出席停止の病気なら大丈夫だと思うのだけど…?

医者がいうには、48時間経過して熱が下がれば学校もOKという。
明日の朝の体調しだいだな。

食欲が落ちないのが唯一の救いかな。

「手握って。お母さんの手、安心する」

昨日の夜もだけど今日もずっと側についてるよ。

ホントによく頑張ったね。
結果はどうあれ…うん。
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-07 21:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

緊張のせい?

朝、ドタバタと娘を送り出し

5教科終了予定時間には
上の娘と二人で家の中をウロウロして電話を待った。

キター!

手応えを聞こうとしたら

「だめだ…」


Σ(゜ロ゜;)

「苦しい…体が熱いよ」


喘息発作だ…

帰宅後すぐ病院へ

熱が39度あって母子してビックリ

もしかしてインフルエンザか…

ただ、検査をするには
熱が出てからの時間が短すぎるため
明日出直して検査することに。


えっと…


明日


面接が…


医者からは
他人に迷惑をかけないように
マスクをしなさいと言われた。

それでいいのかな…

っていうか

残すは面接のみだもの…娘も諦める気はサラサラない。


頑張れ…あと一日…
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-06 23:08 | ひとりごと | Comments(2)

げんかつぎ

いよいよ受験本番

なにより緊張してるのは
娘より私みたい…


何故か超リラックスモードの娘

大丈夫かよ…(涙)


明日は仕事にならないから
休みにした。

打ち合わせの予定は今日にしてもらった。
口の悪い営業の
「みにうささん、お母さんだったんだ。
へぇ~ただの気の強い女じゃなかったんだ
安心した」




ほっといてくれ(-_-#)

夕飯はトンカツで!

頑張れ!娘!
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-05 22:47 | ひとりごと | Comments(3)

花束

娘にとって今日が最後の出勤。

昨日の夕方、さっそく明日で終わりの張り紙がされたようで
仲のよかったお母さん達が口々に寂しいと言ってくれたようで。

今までありがとうございましたと花束をくれたお母さんも。
仕事が終わったあとに花屋さんに寄ったせいで
延長保育で追加保育料金になってしまったと娘が気にしていた。

2月で認可保育園に転園した子が
夕方いきなり来て驚いたと言っていた。
「どうしても息子が先生に会いたいというもので…今日来てよかったです」
というお父さんの言葉に涙が出そうだったと言っていた。

今日でさよならだとわかった子ども達は
ずっと娘のそばを離れず、担任の言うことも聞かず
とにかく娘の服をつかんで離さなかったと。
お昼寝の時間もご指名で1人の子に独占されていたようで。
自分が子ども達に必要とされていたことが実感できて嬉しかったようだった。

いつも娘の相談にのってくれていた先生と最後に話した時、
こらえきれずにおお泣きしてしまったと…

どんなに嫌な園長でも、けじめとしてキッチリあいさつはしておいでと言ったので
ちゃんとできた?と聞いたら
「もちろん挨拶したよ、園長が
’お母さんにまでご足労いただいてすいませんでしたと伝えてね’と言っていたよ」

ま、当然だわな。

っていうか

最後の最後に給料計算間違えて
「面倒だから出なおしてきてくれる?」といったらしい
まったくこの園長ときたら・・・╬ピキッ

そこで娘と仲のいい先生が
「今日で最後なんだからちゃんとしてください!」と怒鳴ったらしく
しぶしぶ家に戻ったらしい(なんで園でやらないのか・・・疑問)

結局1時間待たされてしまったと言っていた。

それでも色々話したけど
「今すごく気持ちが楽」とニコニコしていた。

よかった、ホントに。
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-02 23:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)

解決

今、上の娘は不眠症で神経内科に通院している。
原因は職場環境にある。
今日が通院日だったので一緒に行ってきた。
医者から
早く辞めさせた方がいい、
娘さんは今気持ちの上で弱っているので
お母さん、行けませんか?と言われてふたつ返事で即決した。

その日の気分で園にいたりいなかったりの園長なので
アポとるため電話するも無反応
園に電話し、園長に連絡とってもらうことにする
午後、いざ出陣


こっちは私一人
(娘は仕事)
敵は理事長と主任を引き連れ3対1だ
…こいつマヂきたねー奴…

診断書を提出しドクターストップがかかったことを告げる

理事長は
以前から体調は悪かったんですかと聞く
私は
いいえ、ここで働くようになってからですと答える

理事長は
今まで学生だったから
働くことなかったでしょと言う
私は
いいえ、コンビニで五年働いていたので人間関係は学んでいますと答える
理事長は
でも子供とかかわってないからねと言う
私は
いいえ、一年間ボランティアで保育園に関わっていましたと答える
理事長は言葉をなくす(ザマアミロ)

園長は
反論させてもらいますが
すべての原因が園のせいではないでしょう?
そんな言われ方はちょっと…
私は
そうですね。でも今までも色々ありましたが
病院のお世話になることは一度もなかったんです
明らかにここの環境のせいなんです
今更言った、言わない論議をしたところで意味はないです
誰が悪いじゃなく
娘にはここの環境が合わなかった、それだけですと言う
園長、何も答えられず。
去年の年末で辞めると言ったら逆切れされたと娘に聞いていたので
言葉そのままを使わず
園長に反対されたから辞められなかったと言うと
私は辞めたいと言う人間を引き止めませんとかぬかす

対抗するように
○○先生(娘)も大変ですよね、仕事終わってから家事させられてと言いやがる
いかにも不眠症は家庭の情況のせいでしょ、みたいな。

娘は私が大変だからと率先してやってくれます
私自身、会社で人を使う立場にありますから
中途半端ができないことは娘は二人とも理解してくれていますからと言う
やはり彼女は返す言葉なし

体調回復のため、明日を最後に辞めさせたいこと
契約書の問題はないか心配なので、
契約書を見せてほしい、ありますよね?と聞く
娘から契約書なんて交わしてないと聞いていたため、あえて。

彼女は勿論ありますと言い、
ごちゃごちゃ汚い机の中を捜し始める

勿論、出てくるわけがない
…呆れて冷たい目で見ている私の顔を見て
理事長が家に持って帰ったんだろ?そうだな?
ま、まぁ辞めたあとにトラブルにはなりませんから大丈夫ですよ


おいおい…

あとから契約違反だとか契約不履行だとか言われたくないので
ちゃんと見せてくださいと更に追求

やはりないため(当たり前)
病気退社ですから大丈夫ですと言うので
何度もねんをおし、この話しを辞め、
明日お給料をいただいて終わりにしてくださいと言う

普通なら決まった給料日だから
早めにもらうことは出来ないが
今のご時世で現金支給のこの園
無理を通すことは可能と読み、要求する。
いつも園長の気分次第で給料日が代わる。
自分がいつもダラダラやっているのに
ここで約束すると面倒だという顔をあからさまにする
それでも引かず、わざわざ交通費をかけて給料を取りにこなきゃいけないのかと聞く
理事長が出来るよな?と言い
渋々わかりましたと答える園長

最後は
お忙しい中、お時間をいただいて
ありがとうございました
お世話になりましたと挨拶をして帰る


初めての場所で
初めて会った相手との会話は
ひどく神経を使った
こう見えてナイーブな私
娘とランチしたのを
すべて吐いてしまった…
でももう来ることもないこれで終わり


疲れた…
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-01 23:15 | ひとりごと | Comments(8)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧