<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まっすぐ帰るつもりが

a0011808_13103198.jpg

家にいた上の娘と待ち合わせてウィンドウショッピング

娘がお腹すいたと騒ぐので
ら~めん共和国へ

私はあまりすいてないので
ハーフをオーダー

それでも十分

北海道にいながら味噌味はあまり好きじゃない…でもここのお店のは大丈夫だった♪
久々のラーメンは美味しかった~
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-27 13:10 | ひとりごと

朝と景色が違う

a0011808_2230207.jpg

自転車は無理っぽい
あきらめて歩いて帰ろ…
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-24 22:30 | ひとりごと

贅沢な悩み

a0011808_18472940.jpg

ジャガ芋をやっと減らせたと思ったら
また実家から一箱宅配便…
中は、またしてもジャガ芋と
どでかいカボチャ二個と大根二本。

ありがたいのホントに。
ただ、保管するにも限度ってものが…

今日は休みだったから
カボチャ一個の半分をカボチャ団子にして
あと半分を煮物に。
時間があればカボチャパイとかできるんだけど…
カボチャプリンもいいなぁ…

料理のレパートリーが乏しいから
なかなかムズカシイ(>_< )
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-20 18:47 | ひとりごと

今日の最高気温は7℃

a0011808_9181151.jpg

初雪です。

秋は終わり(早すぎ)


今日は休日出勤のため


映画に行ってから午後に出社します。

いいんです。

気晴らしは必要!うん
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-13 09:18 | ひとりごと

その後

金曜日に足を痛めて
土・日・月と休みで(祝日の振替)
火曜日出勤の日
痛みがだいぶ引いて ヨシ!と思っていた
いつものように身支度をする
パンストはいつも立ったままで履く
なぜかいつも行動するとき、右からというクセがあるので
まず右足
なにも考えず左足・・・

あ、やばい




・・・痛ぁぁぁいいい!!!

せっかく痛みがひいてきたのにまたぶりかえした(涙)

この状態じゃ早めに出ないと遅刻しちゃう・・・

普段、地下鉄を降りたあと15分で着ける会社に
30分かかって着いた

しかも着いただけでもう仕事した気分になった

上司の許可をとって制服に着替えるのはやめさせてもらった

デスクワークだから特に問題なく仕事はできる
電話応対も問題ない
ただ、皆に気を使わせてしまうのが申し訳ない…
でもこの忙しい時期に休む方がずっと申し訳ないわけで…

今日はシフト休日
病院へ

まだ痛みがとれていないため、痛み止めの薬は継続するように言われる

リウマチとか他の病気とか
症状からしてまずナイ と言われてホッとする

週末にかけて雪の予報の北海道
転ばないように乗り切らなきゃ…

ご心配おかけしました
なんとか大丈夫です(^-^*)

・・・ほんとか?
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-09 21:00 | ひとりごと

ちょっと落ち着いたので

いやービックリしました。
何が起こるかわからないもんですね。
普通に生きるって難しい。

急な出来事にパニクってしまったまま携帯から記事アップしたので
どうにも意味不明なままですいません<(_ _*)>

事の起こりは金曜日、残業を終えて
部下と二人で地下鉄まで歩いているときでした。
改札の数メートル先で突然の激痛にみまわれ歩けなくなりました。
何もしてないんです。ただ歩いていただけ。
数日前から’ちょっと変だな’とは感じていたけど
足を組んで座るクセがあるからそのせいだと思っていました。
痛む場所が足先とか膝とかならなんとか動かしようがあるけれど
右足の付け根、股関節ってやつですか。そこが動かないんですよ。
部下が驚いてアタフタしてるので、心配かけちゃまずいと思って
「大丈夫、大丈夫」といいつつ無理やり動かしてみるけど
どうにも痛くてたまらない。
それでも一緒にいる間はどうにかごまかして平気なフリをし続けてみた。
でも限界。
地下鉄を乗り換えて部下と別れたとたん、動けなくなった。
どうしよう、人を呼ぶのは恥かしいしな…
結局、我慢したまま休み休み足を運ぶ。自分でもすごい根性してると…思った。

やっとの思いで家に着いたものの、
安心したら全然動けない。常に娘に支えてもらわないと動けない状態に。
翌日は土曜日だから、休みの病院が多いかもしれないからと
近場であいてる整形外科を娘がネット検索してくれて昨日、朝一で向かった。
土・日・月と年内最後の3連休を取ったのに
土曜日は出てきてほしいと上司(女)に頼まれたため向かう予定だったが
病院に行ってから出社すると電話を入れる。

診察はレントゲンとMRIを撮っての説明。
レントゲン写真に先生が分度器付の定規で
赤い色えんぴつで印をつけていた。
先生いわく
普通の人は(私は異常?)股関節の傾斜角が45度
みにうささんの場合は48度あるんです。
どういうことかというと、人より足にかかる負担が大きいということなんです。
急に痛むということは、あまりないんですが
MRIでも異常はみられないので関節に炎症を起こしていると思われますね。

触診した時、先生が「ここは?ここは痛いですか?」と押さえながら足を回すので
痛くなかった所まで痛い感じがしてきた。
「スカート下げて。注射しましょう」

・・・えっ!ここに?こんなところに注射??
無理!無理!!ぜったい痛い!!(みにうさフリーズ)

看護士さんが注射器を持ってくる。
先生「ここ、痛かったよね?」
私「いえ…それほど…」
先生「あれ?さっき痛かったよね、ここ」
私「えー・・・大丈夫かもしれないです」
先生「ここは?こっちだった?」
私「・・えっと・・・(本当に痛くなくなったよ…)」
先生「ん~じゃ、注射はナシ」

・・・子供か あたしゃ・・・orz

下の娘が診察室の中にも付き添ってくれてたけど
ものすごーく呆れた目で見てる。
ん~だって痛くなくなったんだもん。ホントだもん。嘘じゃないもん。

でもやっぱり1人じゃ歩けない。
先生「松葉杖、出しましょう」
私「大丈夫です。そんな大げさにしなくても」
先生「だって1人で歩けないでしょ?これから仕事でしょ?無理」
私「・・・はい」
先生「痛みが落ち着くまで負担かけないようにしましょう」
私「はい」

会計が終わるまでの間、松葉杖の使い方の指導を受ける。
痛い右足を出すと同時に杖を出してください と言われても
体が全部同時に出る。
あれ?もう一回。
・・・こう?なんで左右がばらばらに動くんだ?
っていうか動かしてるのは自分なのに…こんな不器用だったか?私
ずっと杖の先ばかりをみて必死になる。
指導する人が「前、向きましょうか」というけど見れない。
何度やってもうまく動かせない。
手にばかり力が入ってしまって「腋の下でしっかりはさんで」と言われる。
・・・腋の下痛い(涙)
とりあえずこんな感じっていう説明だけを聞いて終わりにする。
自分の中で’ごめん松葉杖、仲良くはなれないみたい’と見切りをつける。
しかも会計時、松葉杖の保証金として五千円かかると言われる!ビックリ!!
返却する時に使用料500円だけいただいて残金は返却します とのこと。
念のため余分にお金を持って出て正解だった。

全部を終了させ、外から会社に電話を入れる。
私「松葉杖になっちゃいました」
上司「えぇ?!」
私「行かなくてもいいですか?っていうか松葉杖で会社までいくことが無理みたいです」
上司「いいよいいよ。安静にしてなさい。明日出てくればいいから(笑)」
私「えぇぇ!!!鬼ぃー(笑)」
上司「冗談だって(笑)とにかく早く治しなさい。出てこなくていいから」

ってことで、せっかくの3連休が安静にするための3連休になってしまったのです。
昨日はかなり痛かったけれど
今朝起きてだいぶ痛みが治まってきています。
それでも片足をひきずる形でしか歩けないけど…
見切りをつけた結果、家の中の移動には娘の肩と
家具の端々を利用しての移動になっている。
明日、病院に返却に行こう…

なにが原因かもわからない
ただ

ひとつ

体重の増加はあまり望ましくないですね



お医者さんがボソッと言った。

えー


そういうこと?
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-05 22:19 | ひとりごと

シンジラレナーイ

いきなり歩行困難
娘に付き添ってもらい病院へ


しばらくは松葉杖生活となりました…

なんなんだまったく…

初めて松葉杖を使った感想



…疲れるもんですね…
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-04 21:06 | ひとりごと

いつもの地下鉄が過去につながったら

地下鉄に乗ってを観ました。

あなたは父になる前の父親を知っていますか?
あなたは母になる前の母親に会いたいですか?

STORY
いつもの地下鉄を降りて駅の階段を上ると
そこは東京オリンピックに沸く昭和39年の東京。
主人公真次(堤真一)の兄が事故で亡くなるその3時間前…
最初のタイプスリップから何度も時を遡り若き日の父に出会う。
恋人みち子(岡本綾)もともにタイムスリップして
自分が産まれる前の母に出会う。
時空の旅を続けるうちに明らかになっていく運命…


私の下手な表現ではなくて
とにかく多くの方に観てほしい映画ですね。
最初は単純に傲慢な父親の若い頃の生き様に出会って
不器用ながらも子供をこんなに愛しているんだという
ハートフルなものだと思っていた。
予告を観たときに
堤真一が恋人の名を叫び、
赤い傘が雨の中に舞うシーンの意味が
こういうことだったのか・・・と
ものすごいショックだった。

観終わったあとも ずっと尾をひいてしまって
どうしたらいいんだろうって・・・実際どうもしなくてもいいんだけど(苦笑)
なんだろうこの気持ち。
入り込みすぎた感があるかも(汗)
すごくいい映画だと思う。
昭和の時代、活気があふれて
みんなが生き生きとしていた時代は
懐かしいというか なんだろう、羨ましいという気持ちになる。
それだけ今の平成の時代の希薄さが感じられてしまう。
いい映画なんだけど…
苦しくて…もう観たくない(苦笑)
これは…ホントに観てもらわなきゃわからないと思う。

もしもタイムスリップして
父になる前の父に会えるなら・・・
亡くなった母に会えるなら・・・
ちょっと怖いけど、会いたいなぁって
あぁ・・・若い頃の親に会いたいなぁって
しみじみと考えてしまった映画でした。
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-02 21:46 | 映画

新じゃが消費

a0011808_19425734.jpg

得意の肉じゃが♪

とにかく…大量に貰ったジャガ芋を
なんとかしなきゃ(汗)

もう一品
コロッケ♪
a0011808_2102341.jpg


映画をみて気分転換したので
帰ってきてからじっくり煮込んでみた。
休みだからとダラダラしてちゃいかん!
と、自分にいいきかせる(´ー`)
[PR]
by miniusagi52 | 2006-11-02 19:42 | ひとりごと

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧