<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

転院

やっと進歩ありです。

父、本日やっと転院、あさって手術の予定です。
仕事が詰まっていて、今日の休みが休日出勤となってしまったけれど
事が事だけに父の身の回りのことをするため中抜けさせてもらった。

なにしろ丸3週間食べてないわけで
荷物を持つにも父の体に負担をかけさせたくないと思ったわけで
どんなに仕事が詰まっていようが これだけは譲れなかった。

私が病院に着いた時には もう荷造りが終わっていた。
せっかちな父らしいというかなんというか…

病院が手配している車に荷物を運ぶ時
「俺が重いの持つから、お前軽いの持て」と言う父。
自分の体力に自信があるから言えるのだろうけど
「何言ってるの!私が持つからいいの!」と
かなり頑張った。ボストンバック2個と紙袋2個。
車の中で「点滴はずして、体つらくない?」と聞くと
「うーん…やっぱりダルイな」

そりゃそうでしょ…食べてないんだから。
なのに先生に
「暇だからなんか力仕事させてくれないか。このままじゃ筋肉が落ちてしまう」
なんて言っちゃうんだもんなぁ(呆)
病院に行って「洗濯ものは?」と聞くと
「暇だから自分で洗った。なんもすることない、暇だ」
・・・ま、いいんだけど・・・

転院先の病院に着いてからも何でも自分でやろうとするので
受付する時も「いいから座ってなさい!私がやるから」

病室へ案内されて荷解きをする時も
「いいからパジャマに着替えてなさい!私がやるから」

なんでこんなに命令口調なんだろ私(汗)


父に頼まれて売店に行って戻ると 病室にいない…
ちょっと目を離すと なにやってるんだかもう╬ピキッ
と思っていると
父の声が隣の病室から聞こえる???

そぉーっと覗いてみると      いた(呆)
先週まで同じ病室にいた方がいて
まだ手術していないとのこと。

まぁそれはいいとして。
「ほら、戻るよ!」って また命令口調になる。

廊下に出ると
「何号室になった?」と父に声をかけるオジサン。
私の知らない人だ。親戚…じゃないよなぁ…見たことないし。
病室に戻って父に聞いたら
今までいた病院の女性の病室にお見舞いにきてたオジサンらしい。
なんだか…すごいなぁ…父の交友関係。

でも
自分が病人だっていう自覚が足りなさすぎるんだってば…
人の心配をよそに 常にマイペース。
一通り落ち着いたら
「もういいぞ。仕事に戻れ」
・・・まったく・・・
とりあえず点滴につながれるまでは心配なのでそばについていた。

弱音を吐いて凹まれるよりはいいとしよう。
手術となれば イヤでも自覚するだろうし。

明日、担当医から手術の内容がやっと聞ける。
札幌にいるのは私だけなので1人で説明を聞くことになる。
ちょっと不安だし…コワイ…
でも聞けないままなのはもっとコワイ。

手術の前日まで話が聞けないのはどうかと思うけど…
とりあえず明日。
絶対残業はしないぞっ!!
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-31 23:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)

仕事は仕事

まだ手術の日程が決まらない。
担当医からの説明もなにもない。
手術する病院に転院してからなのかもしれないけど
そういう説明もなにもない。
イライラする。

でもいくら父が入院していようが
仕事には関係ない。

わかってる、そんなことは。

誰も大目にみてくれとか
休ませてくれとか言ってない。


イライラするだけなんだ。
100%の力が出せない自分に腹が立つ。
こんなにダメダメだったのかよと
なにやってんだよ!と
自分に腹が立ってしかたない。
仕事に集中しようと思っても
ふっと父のことが頭をよぎると 集中が欠ける。

チクショー
情けねぇな…


こんな状態なのに
昇格の話が決定した。

課長だってさ。

肩書きだけが立派でも
中身がともなわなきゃ意味ないじゃん…

まぁ、残業代削減のための昇格だってことは
重々承知だけど。

なんだかすべてがうまくまわらない。
嫌になる…
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-27 23:26 | ひとりごと | Trackback | Comments(7)

ひさびさのPC

なんだかんだと落ち着かなくて
自宅PCを開く気力も失せていた。
気苦労からか風邪をひいて 
朝起きて まったく声が出なかったことにショックだった。
(2日で復活したけど)

みなさんから励ましのコメントをいただいて、すごく感謝しています<(_ _*)>

父は いまだ進展なく、転院する先のベッドが空かない為
まだ手術の日程も決まっていないのです。

一切食事ができないため いつも飲み物だけを差し入れていたけれど
食べたいという気持ちがやっとおさまってきたけど
飲むことにも飽きたと言いつつ
「冷えたビールが飲みたい」と矛盾したことを申しております(呆)

腕時計が回るようになったと 
やせ細っていくサマを一番気にしているようで
点滴にもっと栄養分を増やしてくれと看護士さんに言っていた(凄い)

だからといって体力が落ちたとかではなく
入院して2日ばかりは慣れない生活と札幌の街の煩さにイラついていたようだけれど
体がなまらないようにと自ら徘徊運動のために病院内を歩いているうちに
アチコチの病室で顔見知りが増え、そこそこ楽しんでもいるようで…
わが父ながら順応性に感心しています。

今一番気がかりなのは
ヘビースモーカーの父ゆえに入院しても禁煙できないこと。
わかるけどね、私も止められないから。
でも入院中くらいは
せめて手術が終わって 無事に退院できるまでの間は控えてほしいと
娘からも言わせているけど 聞いちゃくれない。

そ知らぬ顔で病室から持ち出そうとしたら怒鳴られたし。
ってか
こっちは心配だから言ってるんだっちゅーの! ╬ピキッ

気苦労が絶えません(悲)
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-22 23:32 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

今日の夕飯

a0011808_2152195.jpg

ほら、
何をするにも体力っしょ♪
めっちゃ久しぶりで大満足でした(^-^)
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-20 21:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

父の入院

金曜日から父が検査入院した。
地元の病院で紹介された札幌の病院。
ウチから出向くには地下鉄とバスを乗り継ぐため1時間以上かかる。
この土日はたまたま休みだったので
朝の6時から「何時にこれる?」のラブコールに答えつつ
病院に通った。
明日、あさっての検査で悪性か良性かの結果が出て
早くても来週手術になりそう。
68年の人生で初の入院にすっかり気落ちしてしまい
もう家に帰れないと考えたりしているようだ。
本人もさることながら
周りだって辛いんだ。
私自身もしっかりしなくちゃ…
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-17 22:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)

ホントは怖かったの

先月、思い切って病院へ行った。
今月もくるようにと言われ、渋々ながら足を運んだ。

きっかけは貧血。
最近やたらとめまいが頻発していて、さすがにやばいと。
健康診断で子宮筋腫が発見され
この病気と付き合いだして数年。
そのせいで というのもあるのが不安材料なわけで。
先月出された貧血の薬をまじめに飲み
貧血にいいとされる食材を意識的に食し
今日の血液検査で ひさしぶりに11という数字を見て嬉々とした。
2桁になるのは薬に頼らなければお目にかかれないから。

先月行った時は、若い医者だった。
安易な発言に、かなりショックを受けた。
特に女性特有の病気であるのだから もっと言葉に責任を持ってほしい。
病気を治すことだけが医者だと言うなら
そのせいで心の病気になったら その責任も取ってくれって思う。
メンタルな部分も含めて病気を治すと そういって欲しい。
簡単に「子宮、取りましょう」とか言ってくれるなよ 頼むから。
筋腫を取りましょう じゃなくて
子宮と言ったのだ その若い医者は。
子供がいるから もういいでしょう的発言は
ドクハラと言えるのではないか?
じゃあ男性に子供がいるからもう精子はいらないでしょ的発言を
するかといえばしないでしょ?

確かにフォローのつもりだったのか
「今すぐ取る、取らないという話じゃないですけどね」とも言ったけど
遅いよ オニイサン
一度発した言葉は しっかりと私に突き刺さったのだから。

今日行った時は、年配の医者だった。
筋腫じたい悪さを働いてるようには思えない、このまま様子を見て大丈夫と。
取るだのなんだの 一言も言われなかった。

病気とうまく付き合うって大変だ。
メンタルな部分で凹みだすと 体調まで悪くなる。
病は気から
ホントに言葉通りだと思う。

ましてやそれが 医者の一言によってだなんて
納得がいかない。

血が薄いと心臓にも負担がかかると言うし
今後も意識して鉄を取り入れていこうと思う。
継続することに意義があるんだしね。
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-13 23:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)

ものもらい

下の娘が 不要なモノをもらってきた。

土曜の夜から目が痛いと言い出し
昨日の朝には うわっっ!ってくらい 腫れてた。

学校は休みたくないと言うので
帰宅後、眼科へ連れて行った。

最初に視力を測定すると言われ、そばの椅子に座ろうとしたら
「お連れの方は待合室でお待ちください」と

あ、そうですか と外で待つ。
5分ほどしたら 呼ばれた。

「ものもらいですね、切りましょう」

・・・え?切る?

「そっちのベッドに横になって」

娘はボーゼンとしながら看護士さんに連れて行かれた。
担当医がカルテを書いていたので

「切るんですか?」と聞く

「いやいや、切るっていっても 化膿してる所をちょっとだけですよ
 そんなザクッとは切りませんよ」と笑う

でも…麻酔ないんだよなぁ…
上の子が小さいときにもらった時は 切らなくてすんだのに…

「切らないとまたすぐシコリができるんですよ
 それにアイラインを引いたときに曲がるんですよ。
 だから切った方がいいんです」

まるで心の中を見透かされたようでビックリした。

さっき、外に出るように言われたから先生と話終わって出ようとしたら
「お母さんはそちらにお座りになってください」って、さっきの看護士さん。

・・・なんだかなぁ・・・

視力検査はダメで切るのはいいのかいっ!逆じゃないの?

と思っている間に 終了。

右目にガーゼを当てているため 娘の手を引いて待合室へ戻る。
椅子に座らせると…娘は泣いていた。

「痛かった びっくりした 泣いた」 なぜ片言になる?

かなりショックだったらしい。
看護士さんがおなかの上で手を組むように言っていたけど
その意味が切るときの痛みでわかったという娘。
自分で自分の指を折るかと思うくらいギュって握ったと苦笑い。

寝ている時以外、3時間おきに目薬をさして
目薬がなくなったらもういいからねと言われた。

目が白くかすんでイライラするという娘。
あとは治るだけだから我慢しなさいという母。

大きな病気じゃなかっただけ ひろいもんだよ。
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-11 00:19 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(5)

嘘から出たマコト 瓢箪からコマ 

今回のお題は難しかったようで なんだか申し訳ないです(汗)
第14弾、まとめ記事です。

まとまりがなさそうですが
まずは貴重な参加者一覧から…
ブロガー名の後ろの
前半“嘘を許す?許せない?”に対しての記事で
後半“嘘がつけますか?”に対しての記事としています。

B型
あぶさん気にしない(ようにしている)人は嘘をつくものだから。 私の人生嘘だらけ(?)
t2minaさん真実を追究しないまま忘れる 器用に嘘はつけないが、これからもつくだろう
panchanさん見え透いた嘘は許せない うわべな言葉ができない
Rさん2割で気づいてないふり 思ってもないことを口から出せない

A型
りりこさん許すけど嘘は嫌い 自分に嘘をつかないように常に問い続けていたい
SOFIA_SSさん許せる嘘(悪意がなければ) つける嘘(良心の声に反しない範囲)

O型
yokokenさん基本は許す(大切な人なら特に) 顔に出るので嘘はつけない
EF8SiRさんウソはつかれても思わないようにする。自分はできる限りウソをつかない
はべちんウソを気つかない、気がつきたくない。嘘をつきたくないため一面の真実だけを言う。
なりっとさん相手を信じるか否か 嘘をつくのは下手じゃない。ついた人だけの真実。

AB型
bucmacotoさんいいわけが嫌い。いいわけに終わらせない人がいい。自分を騙すウソを重ね、努力への意志は保つ

疑心暗鬼になることって あります。
もう誰も信じるもんか!って思ったことだって  ある。

本人にとっては冗談だったかもしれないけれど
信じる方が愚かだと言われるかもしれないけれど
それでも
まずは信じたいじゃないですか。
一度そういう目にあうと
もうその人の言うことは冗談としか受け止められなくなる。
そうしないと自分が傷つくから。
でも そう構えた時に限って冗談ではなかったりする…
私はどうすりゃいいのよ!って逆ギレ寸前になったりする。
不器用だなーって
つくづく思う。

自分は真正面から相手の目を見て向き合いたい
だから相手もそうであってほしいと
これは身勝手なのかな…

なんて思ったものだから
ブロガーの皆さんはどうなんだろうと
まぁ、私のお題って こんなカンジなんですよね いつも(単純)

私は
ずるいと言えばずるい

だって 嘘を言いたくないから
言葉にした時に嘘じゃない言葉だけを発するから。
それは嘘じゃないから。
どうしても言えないことは言葉として発しない。
それは嘘になるから。

ここで記事にする内容も
嘘になることは書きたくないから あえて避けて記事にはしない。
ここに吐き出してスッキリできることでも
自分の許せる範囲を超える内容は
どうしても言葉として選びたくないのだから。

真剣に悩んで、どうすべきか模索して抜け出せなくなって
結局 考えてもしかたないと
どこかであきらめて
嘘はつかないと言いながら
自分に対して嘘をついて生きている気がする。
人を傷つけるわけじゃないから これはいいのかなって 自己弁護
自分を傷つけないために 
すべてにおいて正直に 
嘘をつかずに生きられたら楽かもしれない。
ただそれは
ワガママでしかないのかもしれない。

嘘から出たマコトって言葉もあるのだから
いつかはマコトになるのかもしれない。



嘘 ついたことあったな。

矯正下着の勧誘電話に
「私はそんなもの必要ないくらいスタイルがいいのよ」と高飛車に言い放った記憶が…
あとで凹んだけど(よく言えるよなーと)
ま、まぁ…マコトにすりゃーいいのよね!

…いつかね(ダメ)


まとまり なくてゴメンナサイ<(_ _*)>

参加していただいた11名の方々 ありがとうございました。a0011808_2328255.gif
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-10 23:29 | 血液型TB | Trackback | Comments(12)

嘘つきが好きよ




      
「ウソを許せる?許せない?
そしてあなたはウソをつけますか?」
 

 

いきなりですが、お題です。

はい 


血液型TB第14弾 いかせていただきます。


☆〆切までTOPに置いておきます☆

いきなりすぎですよね。 でもいいんです(オイ

タイトルは大好きな中島みゆきの歌のひとつです。
でも
私という人間は
基本的にウソがつけません。
自分が嫌になるんですよ。ムショーに…
そのウソがバレた時のことを考えると怖いというのが一番だし
ひとつのウソをごまかすためにまたウソを重ねて…
やっぱりできないです。不器用ですから、はい。

特に相手にゴマをすらなきゃならない時とか
(仕事が主ですが)
うわーうわー嫌な奴!と自分が嫌いになるんですよね。
思ってもいないことを言う、言わなきゃいけないというのが
どうしても生理的に受け付けません。
それだけでストレスです。
言った後、必ず凹みます…

でも…
必要なウソもあるとは認識しています。
相手を傷つけないためのウソ
ついてもいいウソ

わかってるんだけど…受け付けないんですよね。
相手の言葉を丸ごと信用してしまうんです。
だから 相手がそれほど悪気なく言ったウソでも
100%信用してしまうから
ウソをつかれたとわかった時点で
その相手をいっさい信用できなくなります。
つかなくてもいいウソを平気でつける人…
どうしてもわからないんです。理解不能です。

頑固ですね、はい。すいません(汗)
ウソはつかない、だから相手にもウソをついてほしくない
そんな私はO型です。


いろんなシチュエーションがあると思うんです。
恋人であったり
職場の人であったり
家族であったり…

あなたのSTORYや意見を聞かせていただければと思います。
よろしくお願いいたします<(_ _*)>
a0011808_2314726.gif

てんぷれです
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-09 22:00 | 血液型TB | Trackback(11) | Comments(20)

目の保養

a0011808_17421010.jpg

…だけじゃないけど(笑)
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-09 17:42 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧