カテゴリ:題詠blog2011( 42 )

041:さっぱり (月夜野兎)

今更ときれいさっぱり忘れたと言いつつ同じ香りを纏う
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:42 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

040:伝 (月夜野兎)

子を思う親の気持ちは伝わらず一人で大きくなった顔して
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:41 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

039:庭(月夜野兎)

愛犬が自由に過ごす庭あればと夢は戸建の家を持つこと
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:41 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

038:抱(月夜野兎)

いつのまに大きくなった我が子見て抱っこしていた日を懐かしむ
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:39 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

037:ポーズ (月夜野兎)

斜に構え強いふりしているポーズわかってくださいわかってください
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:37 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

036:暑 (月夜野兎)

懐かしむほどにあの夏の日は遠い暑く冷たい二人の時間
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:36 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

035:罪 (月夜野兎)

その罪は知らないことに尽きている無知と無能と若さと誤算
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-06 22:35 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

034:掃(月夜野兎)

うわさのネタは燃えるゴミだから掃いて捨てようあしたのために
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-02 23:44 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

033:奇跡(月夜野兎)

世の中がどんなに変わりゆこうとも出会えた奇跡に感謝をこめて
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-02 23:39 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

032:町(月夜野兎)

君の住む町の景色にあいたくて故郷に似た川辺を歩く
[PR]
by miniusagi52 | 2011-11-02 23:39 | 題詠blog2011 | Trackback | Comments(0)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧