カテゴリ:映画( 48 )

ただひとつ 違っていたのは…

奥さまは魔女だったのです。

今日は休みだったので
最初は違う映画を観る予定で出かけたのですが
なんだか気になって
上映時間も丁度よかったから急遽変更

この映画に関しては説明はいらないですね
とにかくイザベル(ニコール・キッドマン)が適役
かわいいったらもう…
この人がこんなにかわいいと思ったことはないかもしれない
鼻ピクピクは特にGOOD

ダーリン役のジャック(ウィル・フェレル)が…宇梶剛士
にソックリで…
っていうか自分、いつも誰かに似てるって思ってしまうのはクセなのかなぁ…ブツブツ
日本版なら絶対この人だなぁって思ったり(笑)
じゃぁサマンサ役は日本人なら誰だろう…とか考えてたり

映画じたいは ラブコメディーって感じで
ストーリーはサマンサ役にスカウトした女性は
普通の恋に憧れて人間界に舞い降りてきた、本物の魔女だったというもの。
ジャックが「サマンサ役」を捜していて偶然出会ったイザベルに「君が必要だ」と言う。
人間界に来たばかりのイザベルは理想としていた言葉をくれたジャックを
そのまま信じてしまう
’私は「君が必要なんだ」と言われたい、本当の恋がしたい’という
イザベルの思いは突然叶ってしまった。
撮影が始まり、その言葉は本心ではなかった事を知ってしまう
ジャックを恨みつつ、でもすでに恋に落ちてしまったイザベル
父親に「涙をとめる魔法はないの?」と泣きすがるイザベルには心を打たれてしまった

魔法使いの国では恋も結婚も魔法でどうにでもなる(らしい)
それはそれで…いいのかもしれないけど
人の気持ちが魔法で思い通りになる世界って味気ないだろうな

映画が終わって
もしも自分に魔法が使えたらどうするだろうと考えた



会社の環境改善に使いたい

一番にそう思ってしまった自分が情けなくもあり…orz
[PR]
by miniusagi52 | 2005-09-04 21:20 | 映画 | Trackback(2) | Comments(4)

哀しすぎて

27日土曜日公開の容疑者室井慎次を観て来た

なんだかなぁ…
楽しみで待ち遠しくて
休みの今日、朝一番に観に行った
ストーリーとしては
警察庁と警視庁の確執やら出世争いやら
人間の汚い部分の露呈
室井さんの悲しい過去すらも出世のための材料にする
結局世の中金と権力なのかと
ストーリーが進む中 失望してしまいそうなる
室井さんを訴える弁護士として登場する灰島秀樹(八嶋智人)
彼が常に持っているゲーム機についているキーホルダーは
ネゴシエーター真下正義の犯人が持っていたのと同じKUMOのキーホルダーだった
これは何を意味していたんだろう?

そんな中でもスリーアミーゴズの笑えるカットがあり
和久さんが生きている設定のストーリー(柳葉さんの強い希望だったようだ)があり
湾岸署は今も湾岸署なんだなぁと感じられたし
今回メインとなる新宿北署の現場の刑事の熱さがあり

嫌な世の中でも
最終的には やっぱり「人」なんだよって
そう思わせてくれる
このシリーズの映画のそういうところが好き
うまいなぁって思う

哀しくもあったけど
観て納得
「踊る」シリーズの中のちょっと異色な感じを受けた映画でした
[PR]
by miniusagi52 | 2005-08-29 22:52 | 映画 | Trackback(3) | Comments(4)

笑える映画が見たかったので

コレを観てきました。
時間的に吹替え版しかなかったので まぁいいかと思って。
でも失敗だったかなぁ…とちょっと後悔
マーティが柳沢慎吾に見えてしかたなかった(汗
面白かったからいいんだけど…
(post上げてから気づいた これが600post目でした。
映画の記事でキリのいいpostを書けたのも また嬉し♪)

ストーリー的には 単純に笑えたし
『踊るっの好き好き!』っていう歌のフレーズがずっと頭に残ってしまって
とにかく笑った。
お笑いの2組が声優をやったのも結構新鮮で
主役のアレックス(ライオン) マーティー(シマウマ) 
メルマン(きりん) グロリア(カバ)はさておき
自分的にはペンギンズがキャラとしては一番好きだったかな。
その吹替えがアンタッチャブルだったんだけど とにかくツボだった(笑)
ラストは ありがちなオチだったけど
平和的でいいなぁって。舞台が南の島だし。 
せつなかったのは動物園育ちの肉食ライオンが少しずつ野生に目覚めて
大親友のシマウマのオシリに本能で噛み付いてしまい 側にいちゃいけないって
自分を隔離してしまうシーン
動物園では飼育員の手でキレイに手入れされていたタテガミが
どんどん汚れていったり…
ところどころに散りばめられた『心』をあらわす部分が うまい。

観て損ではなかったかな って感じの映画でした。
ま、一回観ればもういいかな って感じでもあり(笑)


とにかく
笑える映画が観たい
それだけの心理状況で選んでみました(苦笑)
他にも観たいのは沢山あるから
休みごとに行動しようかなと。
[PR]
by miniusagi52 | 2005-08-22 21:37 | 映画 | Trackback(1) | Comments(8)

期待たっぷりで

コレを観てきました。
ものすごぉく期待して行きました。



えー…

人それぞれ思うことはおありでしょうが…


スタッフ・キャストは一流なのでしょうね
制作費も莫大だったのでしょう
メインテーマが『家族愛』だということも理解できますが
結末が…あれなの?


っていうのが感想でした

ただの個人的意見なので
映画批判ではありませんのでアシカラズm(__)m
[PR]
by miniusagi52 | 2005-07-05 21:32 | 映画 | Trackback | Comments(6)

ねごしえーたー

久し振りにひとりで映画

7日公開になった交渉人真下正義

公開直後にしては 館内自由席で 入りもマバラ
えー失敗したかなぁ…と不安に思いながら…
でも『踊る大捜査線』のキャストが出てるんだし 大丈夫だよなぁ…なんて

ストーリーは 『レインボーブリッジを封鎖せよ』から一年後の設定
犯人は当時の真下の報道陣へのインタビューを見て、
交渉の窓口として、真下を指名してきた

『真下刑事、出ておいで 一緒に電車走らせようよ』

東京の地下鉄の最新鋭実験車両が何者かに乗っ取られた。
蜘蛛の巣のように張り巡らされた地下鉄の盲点を突く犯行。
乗降客200万人の命が、爆走するたった1両の車両によって危険にさらされる。
犯人の狙いは、身代金?それとも・・・?理由なき犯罪に錯綜する捜査―。

感想
[PR]
by miniusagi52 | 2005-05-10 19:50 | 映画 | Trackback | Comments(5)

東京タワーする?

東京タワー シバ姐さんからTBいただきます<(_ _*)>

今、年下男性との恋愛を『東京タワーする』というらしいですね
観てきましたよー東京タワー

っていうか…この一週間くらいで映画3本目って観過ぎじゃないかと…(汗)
年末の不自由な生活を取り戻すかのように
一人の時間を楽しもうともがいております みにうさです

えー…STORYはシバ姐さんの記事で書かれてるので省きます(笑)

more
[PR]
by miniusagi52 | 2005-01-18 14:22 | 映画 | Trackback(2) | Comments(16)

今更ですがハウルの動く城に感動

一休さんもハウルについて書いてた記事があったと思い出し
遅ればせながらTBさせていただきますm(__)m

いやーやっとですよ。
なかなか見に行く時間もとれず(涙)
年が明けてからもネットで開演時間を調べてから出かけてもチケット売場の行列で挫折
今日は意地でも見ようと出勤するのと同じ時間に家を出て並んだ(もう根性)

それからそれから
[PR]
by miniusagi52 | 2005-01-13 13:54 | 映画 | Trackback(2) | Comments(4)

ひさびさに映画

さすがに日曜日ということもあり
北海道はまだまだ冬休み真っ只中ということもあり
チケット売場が長蛇の列
並んでいる時に 前にいた若い男性二人組が
「ターミナルってがっかりだったよな」
「あー見て失敗だったよな」
「近寄らないでって自分で言っておいてよーなんだよあの女」

んー…言うなよ(汗)
ま、人は人 自分は自分
そう思って迷うことなくチケットを購入

開始時間ギリギリになんとか入れてホッと一息
ずっと気になっていたトムハンクスの映画ターミナル
満喫してきました~
やっぱり好きだな トムハンクス
ストーリー的には まぁこんなもんかなって感じ
ところどころ これはないだろ( ̄ー ̄; ってのもあったけど
笑いどころあり 泣きどころあり

空港という場所での 人との出会い
関わらざるをえない人間関係
チケット売場で聞いた会話が あーこのシーンのことを言ってたのかと 見ながら納得
君たち まだまだ青いね、女心がわかってないよ と 一人にんまり(笑)

ハウルも見たいけど どうしようかな
冬休みが終ってからの平日にしようかな と思ってます
もうすでに話題についていけてないし(汗)
こうなりゃ いつ見ても一緒かな なんて

映画のあと
[PR]
by miniusagi52 | 2005-01-09 19:01 | 映画 | Trackback(1) | Comments(6)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧