月に二度の帰省

この日曜に娘が帰ってきていた。

娘にとっての祖母が心臓手術をするため
傍にいたいということで。

以前の記事
命の重さというものを実感したせいで
後悔したくないという娘の意思と職場の方たちの勧めもあり。


孫の力っつーのは どんだけ強いのか
80をゆうに超えた年齢、かつ
10時間を超える大手術に耐え
術後二日目にして食事も取っている。
看護師さんも「ものすごい回復力ですよ」と絶賛。

よかったよかった。

娘もこの件以来
「暗いと眠れない」 「食欲がない」 「おなかの調子が悪い」と言っていたのに
帰ってきたらすべて解消されたと言う。
北の地の底力なのか、母の愛か(え?

もう一日いたいという娘を制し昨日帰らせたワタクシ 母としましては。

仕事を休んできていること=娘の分のフォローをしている人がいるということ
長引けば長引くほど仕事に出づらくなるということ
あーんど「帰りたくない」気持ちが出てくること(既に出ていたと母はふんでいる)
1番は祖母が”自分のせいで迷惑をかけている”と気に病むこと

上記を説明したところ
娘は納得し、飛行機のチケットを予約した。

わかるけどね。
でも、やっぱりオトナとしての対応を求めたいのだ、母は。

むぅー…
母も無理しているのだぞ わかってるのかな あいつ。




娘が帰ってくるときに
飛行機が2時間”機材調整のため” ”霧のため”という理由で遅れた。
(そのせいで面会時間に間に合わず、前日は会えずじまいとなった)
この日、霧なんぞまったくなく超快晴なのにどこが?って感じだったので
なんだか納得いかないな と。
お詫びということで1000円分の食事券をもらったらしいのだけど
そういう問題じゃないような…

で、
昨日、娘の電話で あの遅れは
飛行機に爆弾をしかけたという電話があり
調べるために遅れたらしいと聞いてビックリ。
犯人は捕まったというのでホッとしたけれど

それを聞いて、飛ばなくてよかったと思う。

人間って勝手だな。
[PR]
by miniusagi52 | 2009-07-02 11:49 | ひとりごと

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧