研ぎ澄まされた空気のように

昨日、久しぶりに映画に。

おくりびとを観ました。


STORY

年齢問わず、高給保証
実質労働時間わずか。旅のお手伝いNKエージェント

求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公大悟は社長の佐々木から
思いもよらない業務内容を告げられる。
それは納棺 遺体を棺に納める仕事だった。
戸惑いながらも妻の美香には冠婚葬祭関係の仕事と偽り、
納棺師の見習いとして働き出す大悟…


感想

正直、観たあとはへこむのではないかとちょっとドキドキしてた。
それが意外ったら意外。

清々しい気持ちになれるのは なんなんだろう。

人が亡くなるのは悲しいことであって
でも、悲しむだけじゃなく
旅立つその瞬間にそばにいて
最後の最後まで見届けることの大切さ
送り 送られるこの儀式というものの必要性を心底感じた。

前の席に座った女性は後半ずっと泣きっぱなしだったけど
私はちょっとウルッとくるくらいですんで
泣くどころかスッキリした気持ちで席を立てた。

モントリオール世界映画祭グランプリ受賞

なっとくです。うん。



snowdrop99さん-おくりびと
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/7561554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from nest nest at 2008-10-14 11:12
タイトル : おくりびと
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。 おくりびと | ウーマンエキサイトシネマ 実は、もっと重苦しい映画かと思いパスしようかと思ってたんですが、...... more
Tracked from KOBECCO at 2008-10-15 14:54
タイトル : 「おくりびと」
賞を取った瞬間にどうしても興味がわいてしまうこと、ありますよね。 この映画もそうなのかな。  『おくりびと』 たまたま、試写会でみることができました、感謝(ぇ)。 でも、こんなときは、プログラムを入手するのが・・・(汗) 【ストーリー】  所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師とい...... more
Commented by raphie at 2008-10-11 01:34
映画はまだ見ていないのですが、小樽の祖父母がそのように
旅立ちを手伝って頂きました。
祖母の時は一番気に入っていたよそ行きの和服、祖父はスーツで。
どちらも立ち会いましたが、本当に素晴らしい技術で
祖父母を大切に着替えさせてくださった方たちにはただただ感謝するばかりでした。
旅立ちを見送り終えるまでには本当に様々なことがありますが
遺族が最も悲しみに暮れながらも慌ただしいこの時に
この方たちは、亡くなった者にも残された者にも
静かにさりげなく寄り添い、手を差し伸べてくださる存在なのだと
映画に取り上げられたという話題を聞いて、改めて納得しました。
Commented by miniusagi52 at 2008-10-11 20:46
☆raphieさん、そうなんです!
 旅立つ人を前にして神聖、尚且つ包み込むような優しさで
 自分もこういう人に送ってほしいと思いました。
 悲しみにくれるばかりではダメ、ちゃんと送らなければと
 初めて見る目が変わりました。
 この映画を観たことで自分の中で何かが変わった気がします。
 DVDが出たら絶対買いたいです。
Commented by snowdrop99 at 2008-10-14 11:11
TBありがとうございます。
元々は北海道が納棺師の発祥地らしいので、らふぃさんのコメントも納得です。
やっぱり都会がぎすぎすし過ぎてると思います。。
逆TBさせてもらいますね。
Commented by miniusagi52 at 2008-10-14 22:24
☆snowdrop99さん、都会だけではないかもですね。
 映画にもありましたが、人とのかかわりというか、なんていうか…
 向き合う人と人のつながりなのではないかと。

 この映画を観た直後だっただけに峰岸徹さんの死がとてもショックでした。

 
Commented by panchan1121 at 2008-10-15 14:57
なかなか扱うのが難しい題材でしたけど、ちゃんと笑わせながら、大事なことはきちんと伝えていたように思いました。

私の実家関係では、このような事はなかったので、やや新鮮でしたけど。

TBいただいて帰ります<(__)>
Commented by miniusagi52 at 2008-10-15 22:00
☆panchanさん、そうですね、笑いのツボうまい!と思いました。
 最後はどうやって終わるのか心配にもなりましたがお見事でした。
 TBありがとです。
by miniusagi52 | 2008-10-10 23:53 | 映画 | Trackback(2) | Comments(6)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧