こたえは風に舞っている

この記事でアップしたけれど
今、伊坂幸太郎にものすごくはまっている。

彼の文章や表現のしかたに
何故か引きつけられてたまらない。

彼の小説の中でよく出てくるのがボブディラン

有名な曲では「風に吹かれて」というのがあるのだけど
高校時代、フォークソング部に所属していた私は
顧問の先生の勧めでこの曲を覚えた。
というかほぼ強制的に覚えさせられた(汗)

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?~

The answer, my friend, is blowin' the wind.
The answer is blowin' in the wind.


先生が言うには
”覚えていて絶対自分の人生にとって損のない歌だから” と。

反戦歌としていろんなアーティストに歌われているそうだけれど
私の中ではこの曲はボブディランの曲でしかない。

この曲のせいかどうか なにかがリンクしてしまっているのか
異常に伊坂作品にのめりこんでいる。

だから”鴨とあひるのコインロッカー”を読んだあと
どうしても映画化された映像をみたくてツ○ヤでレンタル。
物悲しさと懐かしさとストーリーのせつなさと
やっぱり好きだぁ…と浸ってしまった。

いいなぁボブディランも伊坂作品も。

まだ読んでない本があるから次はどれにしようかと考え中。
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/7457415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e_vans at 2008-09-04 21:00
伊坂作品は私(わたくし)も大好きで、たぶん全部読んでます。
ちなみに、「オデュポンの祈り」の舞台は、実家の近くでもあります。
どれか一つを選べと言われれば、「重力ピエロ」かな・・・
あ、でも「陽気なギャングが地球を回す」の軽さもいいなぁ。
まだそんなに作品数もないから、全部読んでみることをお勧めします。
Commented by miniusagi52 at 2008-09-05 23:08
☆e_vansさん、全部ですか!すごいです。
 まだ「陽気な…」はみてないです。
 有名作家さんは名前ごとにずらっと並んでますが
 伊坂作品は探すのも大変で、でもそれが楽しかったりします。
 
 思うことは…作家さんが年下になってきたんだなぁと…(哀)
by miniusagi52 | 2008-09-04 20:46 | お気にいり | Trackback | Comments(2)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧