こたえは風に舞っている

この記事でアップしたけれど
今、伊坂幸太郎にものすごくはまっている。

彼の文章や表現のしかたに
何故か引きつけられてたまらない。

彼の小説の中でよく出てくるのがボブディラン

有名な曲では「風に吹かれて」というのがあるのだけど
高校時代、フォークソング部に所属していた私は
顧問の先生の勧めでこの曲を覚えた。
というかほぼ強制的に覚えさせられた(汗)

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?~

The answer, my friend, is blowin' the wind.
The answer is blowin' in the wind.


先生が言うには
”覚えていて絶対自分の人生にとって損のない歌だから” と。

反戦歌としていろんなアーティストに歌われているそうだけれど
私の中ではこの曲はボブディランの曲でしかない。

この曲のせいかどうか なにかがリンクしてしまっているのか
異常に伊坂作品にのめりこんでいる。

だから”鴨とあひるのコインロッカー”を読んだあと
どうしても映画化された映像をみたくてツ○ヤでレンタル。
物悲しさと懐かしさとストーリーのせつなさと
やっぱり好きだぁ…と浸ってしまった。

いいなぁボブディランも伊坂作品も。

まだ読んでない本があるから次はどれにしようかと考え中。
[PR]
by miniusagi52 | 2008-09-04 20:46 | お気にいり

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧