どれもはずれなし

今年に入ってからずいぶんとはまってしまったもの



a0011808_2326838.jpg


今まで
こんなに面白いと思って読んだ作家さんはいない

ドキドキして
ハラハラして
ウルウルして…

きっかけはこの映画

a0011808_23292269.jpg


Sweet Rain 死神の精度

それぞれの人生の主人公である登場人物が
誰かの人生の名バイプレイヤーとなって登場する
あれ、この言葉ってさっき…と
戻って見ると あ、そういうことか!と理解できると
なんだか爽快な気分になる。

このつながりかたになんともいえない面白さがあって
どんどんひきこまれてしまう。
文章の組み立ても絶妙で飽きさせない。
ただ読むのではなくて頭を使うんだなー
読み終わったあと なんだかボーっとして
ストーリーを反芻してしまう。
エンディングが衝撃的だとしばらく引きずる。

最近

本屋に行くのが楽しみなんです♪
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/7434802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 明日 晴れるといいな at 2008-09-04 20:47
タイトル : こたえは風に舞っている
この記事でアップしたけれど 今、伊坂幸太郎にものすごくはまっている。 彼の文章や表現のしかたに 何故か引きつけられてたまらない。 彼の小説の中でよく出てくるのがボブディラン 有名な曲では「風に吹かれて」というのがあるのだけど 高校時代、フォークソング部に所属していた私は 顧問の先生の勧めでこの曲を覚えた。 というかほぼ強制的に覚えさせられた(汗) How many roads must a man walk down Before you call him a ma...... more
by miniusagi52 | 2008-08-27 23:39 | お気にいり | Trackback(1) | Comments(0)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧