共感

東京タワーをみました。

随分前からドラマ化されたりして
この原作じたいの知名度はかなりなもん。
なのでSTORYは書かずに感想のみで。

正直な話、この主演男優さんが苦手で(ファンの方、すいません)
ドラマで見たからいいやって思っていたんだけれど
予告をみたりしてどうしても樹木希林の「おかん」が観たくなってしまった。

「おかん」の若かりし頃を実の娘である内田也哉子が演じ
これはもう、しぐさや話し方、すべてが自然。
すーっと映像の中に入り込んで観れてしまっていた。

昔っから樹木希林のドラマをみて育ったもんで
この人のキャラクターが大好き。
年とともに味わい深くなって もっと好きになった。
薬の副作用で苦しむ演技は圧巻。
観てるこっちまで苦しくなって涙がポロポロ出てしまってた。
最後のシーンで
「冷蔵庫に鯛の刺身があるけん。なすびの味噌汁を温めて食べんしゃい」
うわごとのように言うシーンで周囲の人たちも皆涙をぬぐっていた。

主演男優さんが…苦手だけどよかったな(苦笑)
なんだろ、セリフとして聞こえなかった感じがしたのですよ。
病床で苦しむ「おかん」の体を一生懸命さすりながら言うセリフは
きっと自分がその立場でも口にするだろうと思った。

実際、自分は母親なわけで、同じ立場として入りこんでしまうのだけど
母親とはこういうもんなんだよなって共感できる部分だらけ。
子供にすれば邪魔くさい心配かもしれないけど
子供のためならなんでもできるっていう母親の母性は
制御できるもんじゃないから…

観に来ていた人は「おかん」世代がたくさん。
でも、若い人に観てほしいと思った。
今時の若者っぽい’まー君’でも
とっても母親思いで優しくて
「おかん」の手をひいて横断歩道を渡るシーンにはジーンとくる。

いい映画でした(^-^*)
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/5489942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from nest nest at 2007-05-06 20:10
タイトル : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
 1960年代の九州で、両親が別居して“オカン”に引き取られた“ボク”は、やがて上京し美術大学へと通う。バブル崩壊後、イラストとコラムの仕事で生活の糧を得た彼は、ガンの手術をした母を東京に呼び、同居を始める。 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | Excite エキサイトシネマ ベストセラーの本は未読だし、ドラマも結局見てないので、前知識は大まかなあらすじだけでのぞみました。(見たのはもう3週間ぐらい前ですが(^^;)) ストーリーは皆さんご承知だと思いますので、ネタバレありでい...... more
Tracked from KOBECCO at 2007-05-14 02:14
タイトル : 「東京タワー」
今日は、「母の日」。 映画館の前でもしきりに呼び込みをしていた、  『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 はい、正直狙ってました。 【ストーリー】  1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育てた。オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは成長した。15歳になって、ボクはこの町を出て行きたくなった。大分の美術高校に入学し、東京の美大をなんとか卒業するが、仕事もせずに、仕送りしてもら...... more
Commented by panchan1121 at 2007-04-27 13:38
ドラマのかたより、映画の人のほうがいいと自分は思ってるんですけど。
これもまだ観てません(汗)。
Commented by miniusagi52 at 2007-04-29 22:13
☆panchanさん、主題歌がね、コブクロの印象が強くて(苦笑)
 映画の主題歌もいいんだけど…
 まーくん役の方がおかんの仕送りを使って遊びほうける役としては
 ドラマのモコ君より合ってたかなと…(;^_^A
Commented by colortail at 2007-04-30 11:10
観に行きました。自然でしたよねー。背中をさするシーン、辛くて見てられないシーンなど、
涙が止まりませんでした。
樹木さんは本当にいい!!!素晴らしかったです。
日本の映画って、無理にハリウッドっぽくしてちょっと失敗しちゃうより(汗
こういう、丁寧に作られたやつの方が断然いい気がしますね。
Commented by miniusagi52 at 2007-04-30 21:36
☆colortailさん、よかったですよね(^-^*)
 無償の愛というか 親の子を思う気持ちが
 ものすごく伝わる映画だと思いました。
 親の心 子知らずって よくいったものだとしみじみ(苦笑)
Commented by snowdrop99 at 2007-05-06 20:08
なんでも、オダジョーも同じような家庭環境で、
お母さんも闘病中なんだとか。
内田也哉子と樹木希林はよく似ていました。
親子なのもありますが、樹木希林は友達が言うところの「イタコ」だし。
Commented by miniusagi52 at 2007-05-06 23:00
☆snowdrop99さん、TBありがとでした<(_ _*)>
 >樹木希林は友達が言うところの「イタコ」だし。
 昔っからその役になりきるところが凄いと思ってました。
 イタコって言われればそうかもしれないって…納得しちゃうかも。
Commented by panchan1121 at 2007-05-14 02:06
自分としては、もっとくさくしてもいいかとも思ってました。
tb いただいてきます。
Commented by miniusagi52 at 2007-05-15 21:46
>panchanさん、TBありがとです。
 映画をみたあとだと、ドラマの方がくさかったような…(笑)
 
by miniusagi52 | 2007-04-26 22:59 | 映画 | Trackback(2) | Comments(8)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧