終わった…

朝、娘はやはり熱が下がらず状態だった。

でもどうしても行くと。

そりゃそうだな。

なんのためにここまで頑張ってきたのか意味がなくなるし…

解熱剤を飲ませていざ面接へ。

喘息の発作も同時発症しているため
なにかあったら怖いので母も学校近くまでついていき待機する。

学校そばのショッピングモールで待つこと2時間。

やりきった顔をした娘に「よく頑張ったね。お疲れ様」と声をかけ
そのまま病院へ。

昨日、早すぎて出来なかった検査を受ける。
・・・長い綿棒みたいのを 鼻から突っ込むわけね…(怖

待つこと数分。

医者からの一言

「陽性ですね。A型です」

う、うそ…( ▽|||)サー 

よく39度の熱で試験を受けられたものだ…気力だけで頑張ったんだろうな…

で、

インフルエンザとなれば、ほら
今話題のあの薬なわけで…

治療薬としてはとてもいいものだからと医者から薦められても
やっぱりダメ。拒否反応。
それは嫌だと告げると、もうその答えをわかっていたように
別の薬があると言われた。それがコレ

a0011808_21414416.jpg


吸入薬でも十分効果があるようだ。

娘はこの1年、無遅刻、無欠席、無早退
喘息を持ちつつ休まずいられたのはこの1年だけ。
いつも入退院の繰り返しだったことを思えば感動的な出来事なわけで
どうしても皆勤で卒業したいという。

でも、出席停止の病気なら大丈夫だと思うのだけど…?

医者がいうには、48時間経過して熱が下がれば学校もOKという。
明日の朝の体調しだいだな。

食欲が落ちないのが唯一の救いかな。

「手握って。お母さんの手、安心する」

昨日の夜もだけど今日もずっと側についてるよ。

ホントによく頑張ったね。
結果はどうあれ…うん。
[PR]
by miniusagi52 | 2007-03-07 21:49 | ひとりごと

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧