思い出は美しすぎて

社会人一年目は田舎から出てきて寮生活。
一ヶ月の寮費=朝食・夕食付、光熱費込みで2万5千円。
不自由と思ったのは6畳のスペースに割り込むように
ユニットバスが場所をとっていたこと。
一年先輩と同室だったため居場所は2段ベッドの上段のみだったこと。
タンスは先輩が買ったもので一段だけ貸してもらって入れていたこと。
同じ寮の同期の子と洋服の貸し借りをしながら
あまり荷物が増えないように気をつかった。
先輩がテレビを見る習慣がない人だったため
テレビ大好きっ子の私としては友達の部屋で砂の嵐をみるまで一緒にいたっけ。

仕事が終わったらまっすぐ寮に帰ることはほとんどなかった。
友達と約束して家に遊びに行って皆で集まったり
ご飯食べに行ったりドライブしたり
門限ギリギリまで誰かと一緒に過ごして帰った。

外泊許可を出して遊びに行く時は常にオール
当時有名だったディスコ(なつかしすぎる響き…)で過ごし
田舎娘ゆえナンパというものにとまどい、
うまくかわせない私はいつも友達に助けられていた。

最後はラーメン横丁でしめて解散。
その頃はもう朝日が昇りはじめていて
あいている喫茶店で時間をつぶしてすすきのから職場に出勤。
仕事に影響するなんてそれこそなく
眠くなることもなかった。
たとえそんな生活が2日3日続いたとしてもまったく問題なし。
なにもかもが新鮮で
見るもの聞くものすべてが楽しくて
どんどん外へ出歩きたくて仕方がなかった。

あの体力と気力はどこからきていたのだろう。

今は見る影もなく…
翌日の仕事のことを考えるともうそろそろ切り上げようと思い
早めに切り上げても翌日に疲れはどっぷりと残る。

思い出というか
怖いもの知らずだった時代
生きることに勢いがあった時代
老化というものを知らなかった時代

あったんだよな、そんな時間が

タイムマシーンがあるとしたら
あの頃に自分に言いたい

「20年後のために体力温存しておいてよね」


06:あの時私は若かった。




■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


6+6で次は12.気になって気になって仕方のないこと
[PR]
by miniusagi52 | 2006-10-08 00:00 | すごろく記事

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧