ものもらい

下の娘が 不要なモノをもらってきた。

土曜の夜から目が痛いと言い出し
昨日の朝には うわっっ!ってくらい 腫れてた。

学校は休みたくないと言うので
帰宅後、眼科へ連れて行った。

最初に視力を測定すると言われ、そばの椅子に座ろうとしたら
「お連れの方は待合室でお待ちください」と

あ、そうですか と外で待つ。
5分ほどしたら 呼ばれた。

「ものもらいですね、切りましょう」

・・・え?切る?

「そっちのベッドに横になって」

娘はボーゼンとしながら看護士さんに連れて行かれた。
担当医がカルテを書いていたので

「切るんですか?」と聞く

「いやいや、切るっていっても 化膿してる所をちょっとだけですよ
 そんなザクッとは切りませんよ」と笑う

でも…麻酔ないんだよなぁ…
上の子が小さいときにもらった時は 切らなくてすんだのに…

「切らないとまたすぐシコリができるんですよ
 それにアイラインを引いたときに曲がるんですよ。
 だから切った方がいいんです」

まるで心の中を見透かされたようでビックリした。

さっき、外に出るように言われたから先生と話終わって出ようとしたら
「お母さんはそちらにお座りになってください」って、さっきの看護士さん。

・・・なんだかなぁ・・・

視力検査はダメで切るのはいいのかいっ!逆じゃないの?

と思っている間に 終了。

右目にガーゼを当てているため 娘の手を引いて待合室へ戻る。
椅子に座らせると…娘は泣いていた。

「痛かった びっくりした 泣いた」 なぜ片言になる?

かなりショックだったらしい。
看護士さんがおなかの上で手を組むように言っていたけど
その意味が切るときの痛みでわかったという娘。
自分で自分の指を折るかと思うくらいギュって握ったと苦笑い。

寝ている時以外、3時間おきに目薬をさして
目薬がなくなったらもういいからねと言われた。

目が白くかすんでイライラするという娘。
あとは治るだけだから我慢しなさいという母。

大きな病気じゃなかっただけ ひろいもんだよ。
[PR]
by miniusagi52 | 2006-07-11 00:19 | ひとりごと

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧