よく頑張ったね

おととい夜に担任から
娘が喘息発作をおこしたため
病院に連れて行くと電話があった。
普段服用している薬の種類や
すべき対応についてを話した。

0時まわって点滴終了して落ち着いていますと連絡があり
それでも心配で眠れない夜を過ごした。

朝、また担任から連絡があり
「大丈夫ですよ。熱も治まったので無事に連れて帰ります」と。
「是非、駅までお迎えにきてあげてください」と。

大丈夫と聞いていても
それでも青森から道内に入ってからが長い道のりのため
JR車中で発作がおきたら…と心配で
仕事をしてても集中できなかった。

18:37
札幌駅に到着予定
でも仕事が引っ張ってしまい間に合いそうにない…

部下が「あとはやりますから、行ってください」
いつもは絶対にしないけど
今回は好意に甘えて後処理を頼み、駅までの道を急いだ。

制服の集団が改札を出てくる。
長い行列の中から娘を探す。

養護教員の先生に付き添われながら歩く娘を発見。
母に気づかない娘の手を引っ張り
「おかえり!大丈夫?」と声をかける。
「あ、うん」

養護教員の先生から状況を聞き、
すぐにでもかかりつけの病院へ行ってくださいと言われる。
朝からなにも食べていないこと、
JRに乗り込む前に吐いたことを聞かされる。
お世話になったことに対してのお礼と
迷惑をかけてしまったことへの謝罪の言葉を。

そうこうしていると担任がそばにきた。
またあらためてお礼と謝罪を…
その間、娘はずっと黙ったまま。

ひとしきり話をして
先生や友達と別れる。
地下鉄で帰るのは無理と思ったので
タクシー乗り場へ行きタクシーでかかりつけの病院へ向かう。




他人の目がなくなったとたん
娘は倒れこむように私に寄りかかってきた。
「手を握って」と言う。
軽く握りかえすと「ちゃんと握って」と。

急に症状がひどくなった。

いや、急にじゃなかったんだ。
先生の前で喋らなかったのは、このせい。
私の顔を見て気が緩んでしまわないように
娘なりの精一杯だった。

「皆に心配させないように平気なフリしてたんでしょ」

「うん…わかる?」

「わかるよ。よく頑張ったね」

「うん…つらかった」

病院へ行くと即 点滴。 やっぱりねって感じだった。

中学に入って発作らしい発作がおこらなくなってきていたため
治ったとは思っていなかったけれど
母子ともに油断をしていたのは確かだ。
十和田の気候がメチャメチャ寒く、それで体調を崩してしまったようだ。

小さな頃から何度も何十回も点滴のお世話になってきたのに
初めて訪れた土地の見知らぬ深夜の病院は異常に怖く
点滴するのも怖かったという娘。

ホントによく頑張ったね…一人で不安だったろうに…

発作のせいで修学旅行の思い出が
辛いだけのものになってしまうのがかわいそうだと思った。
でも
「90%以上、楽しかったよ!」と
発作で苦しい状態なのに楽しかったと言う娘。

夜10時過ぎ、やっと家路につく。

「帰ったらお母さんのお粥が食べたい」

「何も食べてないんだから無理に食べたら気持ち悪くなるから少しだけだよ」

帰ってすぐに娘が好きな鶏肉のお粥を作る。

…おいしいっておかわりして食べるって いったい…

体調崩す前の2日間は
旅行先で美味しい料理を堪能してるはずなのに…(苦笑)

土・日・月と学校が休みだから
火曜日から元気で登校できるようにしなきゃね。

無事に帰ってきてくれたことに
誰に言うでもなく感謝の思いがわいてくる。

おかえり。
帰ってきてくれて ありがとう。
そんな気持ち。
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/3689642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by absinth at 2006-06-03 21:58
子供のころ小児喘息で苦しみました。修学旅行など泊まりの行事は何を忘れても発作時の薬だけは山ほどもたせられました。なぜか、親元を離れたそういうときに出易いのですよね。
私自身は物心付いた時からのお付き合いでしたので、こんなものかと思っていましたが、一番辛かったのは親だと思います。
私は喘息の時、林檎の摩り下ろしたのを必ず食べさせてもらいましたよ。
どんなご馳走よりもそういうのは食べれるものですね。
Commented by miniusagi52 at 2006-06-03 22:36
☆あぶさん、せつないですよ親って。
 そばについてることしかできないから…
 でも旅行でそばにいられなくて 遠くから心配するしかできなくて
 それがこんなに辛いものだとは。
 悪い方にしか考えられず、不安なまま眠れずに朝を迎えましたよ(汗)
 娘の小学校の修学旅行の時は、吸入器を持参させました。
 今回も‘もしものための準備’をしていたら…それが悔やまれます。
 無事で帰ってきてくれたことだけでホントに嬉しいです。

 林檎の摩り下ろしって美味しいですよね。
 でも娘は摩り下ろしたら食べないんですよー…これって時代?(え?

 
Commented by kozutuming at 2006-06-03 23:29
お嬢さん、ガッツですね。 帰路も辛いのに頑張ったんですね。
お母さんの顔を見てホッとする気持ち、わかります。
Commented by kitokitten at 2006-06-04 21:26
お嬢さんのみんなの前では平気な振りをし続けたがんばりと、お母さんの偉大さにすごいなって思いました。顔をみたらほっとするし、お母さんの作ってくれるものが一番の元気の元なんですね。
ゆっくり休んで元気になってくださいね。
Commented by miniusagi52 at 2006-06-05 00:36
☆kozutumingさん、ありがとう。
 娘の見栄っ張りな部分が頑張りになったのかも(苦笑)
 でも、帰ってきてくれてホントに嬉しかったです。

☆kitokittenさん、ありがとです。
 まだ完全ではないけど、いつもの可愛げのない娘に戻りつつあります(爆)
 娘ながら、案外根性あるなコノ子って思いました。
 勉強にも根性みせてほしい…(;^_^A
Commented by usaqua38 at 2006-06-06 22:00
見知らぬ土地の病院
心細さは不安につながる
症状を悪化させる
どうしたら病院の空気を“病を治す”空気に変えられるのか
医療従事者みんなで意識しないと難しい,果てしない課題です。
(実は医療従事者のひとりです…)
娘さんの気遣い,気丈さ…本当にminiusaさんの母として,女として,上司としての生き方に感服です。大事無くてよかったですね。
Commented by miniusagi52 at 2006-06-06 23:31
☆usaquaさん、病院関係というのは やっぱり命と向き合う仕事ゆえ
 不安だし心細い気持ちになるのは患者としてはしかたがないですよ。
 具合が悪いから病院にかかるわけだし、体調不良の時に
 患者側としても余裕もないわけだし…
 
 えっと、感服される何もないです。お恥かしいです(照
 パーフェクトな人間なんていないですから。
 抜けてるんですよ私も娘も。はい、天然ですっ(威張り

 
by miniusagi52 | 2006-06-03 21:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(7)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧