もう弱音?

娘の愚痴につきあってみた。

まぁ言いたいことはわかる。
園に対する要望として親の一人が書いた連絡ノート
「子供を呼び捨てにしないでほしい」
この一文で
園に通う子供すべてに‘ちゃん’‘君’をつけること となったそうな。

人それぞれの考え方はあるだろう。
個人的意見で言えば
親しみを持って呼んでくれるのだから
全然問題ないと思う。
でも、自分の子が呼び捨てにされるのが許せないという親もいるだろう。

それにたいして何の説明もせず
言われた通りに変えるというのは如何なものか。
ほかの親の考えを聞いてからでも遅くは無いと思うのだけど…
じゃあ、ほかの親が
「呼び捨ての方が親しみがあっていいから呼び方を変えて」と言ったら
どうするんだろう?
問題はソコにあるんじゃないのか?

娘は即行 先輩の先生に叱られたそうな。
無意識に呼び捨てにしてしまったから…
「さっき言われたばかりでしょ!」と言われ
「すいません…」と謝ったと。
娘が言うには
他の先輩先生が呼び捨てにしても叱らないくせに
なんで自分だけが…と納得がいかないようだ。

それに加えて
「学生の時みたいにバカ笑いができない」
「話の合う人がいない」
「なんか遠慮してしまって肩苦しい」
しまいには
「私が考えている教育ができない」

愚痴のオンパレードだ。


まぁ溜まるものは吐き出さなきゃね。
・・・とココでいつも言われている受け売りだけど(笑)

でも言わせてもらうわ と切り出した母。

学生気分が抜けないからそういう考えになるんだよ
社会っていうのは違うの。簡単なもんじゃないの。
面白おかしい会社なんてあるわけないじゃん、甘ったれてるわ。
自分の教育方針が生かせないっていうのはうぬぼれだよ。
組織に属さない一匹狼的にやりたいなら園で働くのは無理だわ。
せっかく学校行って資格とって
それでも就職先がなくて泣く泣く違う仕事についた人のこと考えたら
そんなセリフは吐けないよね?

母がここまで言ったら
娘は黙ってしまった。

母も黙る。

そして娘が言った言葉は
「そう考えたら…私はまだいい方なんだよね…とりあえず寝とくわ」

ヽ(*ω。)ノ コケッ

ま…いいか
[PR]
by miniusagi52 | 2006-04-12 23:31 | ひとりごと

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧