難しい映画

ミュンヘンを観ました。

1972年ミュンヘンオリンピック開催中に実際に起こった事実を元にしたものだそうです。

STORY

アヴナー(エリック・バナ)が報復の首謀者として選任され
それを断ると生きてはいけない
テロの首謀者11名を暗殺する任務につく。
任務遂行のための資金と4人の仲間とともに…
家族も祖国も捨て
もうすぐ自分の子供が産まれるというのに
妻にさえ自分の仕事を語ってはならない

自分のやっていることは正しいのか?いつ終わるのか?
任務を遂行していくたびに
どんどん麻痺していく殺人行為への感覚
家族を愛する気持ち
葛藤の中で生きていくアヴナー

-----------------------------------------------------------------------

今回は反省すべき点が多々ありで…

この映画は事前準備が必要な映画です。
ゲリラ・テロ・人種差別による政府間の問題等
そういうのを理解していないと観ているうちに混乱をきたしてしまった。

だから長いと感じてしまった。
PG-12指定だけあり 体がビクッってなるシーンも多かった。

切なかったのは
アヴナーは家族を愛してやまない男だということと
自分がしてきたことに対してずっと悔やみながら生きていくのか?ということ。
どんな理由があるにせよ
人の命を奪ったことに変わりは無い。
事実を元にしているのだから
アヴナーの人生も続いているだろう。
彼の心が心配。

そんな思いが残る映画でした。
[PR]
by miniusagi52 | 2006-02-27 00:28 | 映画

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧