真実は何か

フライトプランを観ました。

------------------------------------------------------------------------

STORY
カイル(ジョディフォスター)は航空機設計士。
突然の夫の死にショックを受け、娘ジュリア(マーリーン・ローストン)とともに
帰国するため自分の設計した飛行機に乗る。

高度1万メートルの空間で娘の姿が消える。

確かに一緒に乗ったはずなのに
乗客・乗務員ともにジュリアを見た人がいない。
必死でジュリアを探すカイル。
乗務員が調べた結果 ジュリアは夫とともに死亡したという…
夫の死によって精神安定剤を服用していたカイルは
悲しみのあまり現実を受け止められないのか。
それともジュリアは機内で誘拐されたのか。
------------------------------------------------------------------------




この映画の脚本では元々男性のはずだったらしいのですが
女性で大正解だと思った。
ジョディフォスターの毅然とした母の姿・娘を思う気持ちの強さが
すごくよく出ていた。
見ていて「誰が嘘をついているのか?」と考えながら
自分の推理を肯定・否定しながら 
なんだかアッという間の時間だった。

確かに あ、これがヒントだったんだ!と思う部分があとからわかる。

でも??な部分も残ったままだったり(汗

自分がもしもカイルの立場だったら…
飛行機に詳しくないと あそこまでは探せないだろうし
でもあきらめられないだろうし
ものすごい葛藤で苦しむんだろうと思う。
下手したら…飛行機壊しまくるかもしれない(苦笑)
自分の思い違いで娘を空港に置いてきてしまったかと思って
引き返してくれって騒ぐかなぁ…

でも乗客全員に疑いの目と哀れみの目で見られて
自分がおかしいのかと思わざるをえない状況になったら…どうするだろう…
その場から消えたくても空の上じゃ消えられないし。
トイレに閉じこもっちゃうかもしれない。

翌日会社に行って「すっごい面白かった」と話したら
2名ほど影響を受けて観に行った(笑

間違いなく面白い映画だと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/3219103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by usaqua38 at 2006-02-19 01:52
劇場予告で気になって(昔から好きなJ.フォスター)…実は先に原作を読んでしまったワタシ…読んで一層映画を観たくなっているところです。
Commented by miniusagi52 at 2006-02-19 22:52
☆usaquaさん、是非観てください。
 絶対に損はしませんよっ!(笑)

by miniusagi52 | 2006-02-18 23:28 | 映画 | Trackback | Comments(2)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧