観れなかった映画をレンタルで観る

ずっと気になっていて観に行く機会を逃した作品
君に読む物語

観終わったあと、ジワジワと切なさがこみ上げてくる。

現在と若かりし頃の映像が
語られる物語の中で交互に出てくる

忘れてしまいたい過去もたくさんあるだろうけれど
いいことも悪いことも
すべて生きてきた証
年老いて あの頃はよかったとか
あの時の選択は間違っていた、いや、間違いじゃなかった とか
振り返ることすらできないというのはどうだろう

忘れてしまった本人より
忘れられた周りの人間がこれほど辛いとは…

ほんの5分 自分のことを思い出してくれて
こんなに愛し合っていたんだと抱き合っても
5分後には
「あなた誰?触らないで!出て行って!」

これは病気なのだと
彼女の本心ではないと
自分を思い出せなくても彼女のそばにいたいと
ここまで相手を愛し続けていられる想いをもてるのは
なんて幸せなのだろうと思う

最後の最後に
二人はやっと 一緒に幸せになれたと
よかったねと
でも…辛いなぁ…と

とにかく切ない作品だった






娘も観たいと言っていて
娘に借りてきてもらったDVD

昨日、私より先に観たのだけれど
感想とあらすじを私に教えようとして
娘は段々涙声になっていった(笑)

「説明しながら何泣いてんのー?」と爆笑してしまった

娘いわく、観てる時は辛いなーと思ってみてたんだけど
改めて話してると悲しくなってきた と(笑)

伝わる映画です。
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/3015909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by usaqua38 at 2006-01-14 16:28
いい映画ですよね。切なくて決して派手さはないけれど心に沁みて…
昨年夏まで病院に勤務していたんですが,意外にいるものでした,あんな風にステキな老夫婦の方々。ワタシには遠い物語だなぁ,なんて少しセンチに独り映画館で泣き腫らした目が恥ずかしかったぁ。
Commented by miniusagi52 at 2006-01-15 06:17
☆usaquaさん、ジワジワきますよね。
 特に外国人の老夫婦ってとても素敵。
 観てよかったなぁって思った作品でした。
by miniusagi52 | 2006-01-13 21:30 | 映画 | Trackback | Comments(2)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧