緊張するとおなかが痛くなりません?

午後の会議が嫌で嫌でたまらなかった
最初の予定では幹部数名の名前が上がっていたのに
どんどんしぼられて
なんと社長と自分はタイマン一対一になることに…
はぁ?ありえないって
面談でもあるまいに なんで会議が二人なのよ?
前回 面と向かって社長に対して述べた意見は抵抗勢力と受け取られ
その後は一切、私がいる時には近づきもしなくなった
そんな中で二人で話すなんて…
聞いてから胃が痛み、腹痛がし…子供みたいな拒否反応が体に現れた
時間が近づくにつれ涙が出そうになった
外回り中の部長から電話が入った時 お願いしてみた
「おなかが痛いです。胃も痛いです。二人っていうのは勘弁してください」と…
部長の配慮のおかげで自分の部下二人の同席許可をいただけたのでホッとした…
でも二人とも超緊張モード…可哀相なコトをしちゃったかな…
なかなか社長と話す機会がない二人にはいい経験と(思わなきゃいられない)

自分なりの考えはあった
一方的な話であってもコッチからくってかかる姿勢は止めよう
ちゃんと社長の考えを受け止めた上で
出された課題に対しての疑問点・問題点を整理して
そこがクリアにならなければ前には進めないが努力はしますという姿勢を見せる
最初からできないと言っていたのではなんの解決にもならない
考え方をちょっと変えてみることにした
(基本スタンスはあくまでも変えないが)
なにも逆らう姿勢を見せる必要はない

一対一だとどうしても 
社長が相手だからって言いなりになんかなるものかっていう
意地というか…そういうものが意識していなくても出てしまう自分がいる
冷静でいるために部下の同席は必要なことだった

で 結果的には
同席は自分を冷静にしてくれた
熱くなりすぎず
冷めて投げやりにもならず
自分の不用意な言葉で部下に負担をかけないようにしなきゃと
色々気を使いつつ冷静に話すことができたし
部下も緊張しつつ顔をこわばらせつつも一生懸命発言してくれた
そういう姿を見て 社長としても聞く耳を多少なりとも持ってくれたような…
気がする(だけだったりするかも…orz

また宿題を出されはしたけれど
とりあえず…任務遂行

超緊張モードから開放された部下の1人が涙目になっていた
緊張しすぎてある意味興奮状態にもなっていた
「甘い物でも食べて帰ろうか?」











a0011808_0123011.jpg

帰る時にはにこやかに…♪
単純と言うなかれ
戦いに疲れた女戦士の休息の場なのです。。。
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/2247372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鍵さん@ちょっとご機嫌 at 2005-09-16 00:47 x
お疲れさま

画像が生ビールのジョッキではなくパヘな所に萌え♡




でも、腹が痛てぇだの何だのと
ストレス抱えるのはどんなもんかと。。。
蓄積しないよう心がけた方が
長生き出来るヨン。
Commented by earll73 at 2005-09-16 03:25
戦士に休息は必要ですもんね。
お疲れさまでした。
Commented by sabretoothjapan at 2005-09-16 04:31
この記事でいいたいことは、「大仕事のあとのパフェはうまい」ということなのですね。(ぇ?
Commented by miniusagi52 at 2005-09-17 21:16
☆はるちゃ、めずらしく御機嫌?そりゃよかった( -_-)フッ
 ストレス溜めたいわけじゃないんだがねぇ…

☆番頭さん、どうであれ息抜きは必要なわけで…うん。
 翌日三人とも息抜きした分、蓄積された脂肪は…orz

☆sabretoothjapanさん、わかります?そーそーパフェはうまいのです(え?
by miniusagi52 | 2005-09-16 00:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧