ただひとつ 違っていたのは…

奥さまは魔女だったのです。

今日は休みだったので
最初は違う映画を観る予定で出かけたのですが
なんだか気になって
上映時間も丁度よかったから急遽変更

この映画に関しては説明はいらないですね
とにかくイザベル(ニコール・キッドマン)が適役
かわいいったらもう…
この人がこんなにかわいいと思ったことはないかもしれない
鼻ピクピクは特にGOOD

ダーリン役のジャック(ウィル・フェレル)が…宇梶剛士
にソックリで…
っていうか自分、いつも誰かに似てるって思ってしまうのはクセなのかなぁ…ブツブツ
日本版なら絶対この人だなぁって思ったり(笑)
じゃぁサマンサ役は日本人なら誰だろう…とか考えてたり

映画じたいは ラブコメディーって感じで
ストーリーはサマンサ役にスカウトした女性は
普通の恋に憧れて人間界に舞い降りてきた、本物の魔女だったというもの。
ジャックが「サマンサ役」を捜していて偶然出会ったイザベルに「君が必要だ」と言う。
人間界に来たばかりのイザベルは理想としていた言葉をくれたジャックを
そのまま信じてしまう
’私は「君が必要なんだ」と言われたい、本当の恋がしたい’という
イザベルの思いは突然叶ってしまった。
撮影が始まり、その言葉は本心ではなかった事を知ってしまう
ジャックを恨みつつ、でもすでに恋に落ちてしまったイザベル
父親に「涙をとめる魔法はないの?」と泣きすがるイザベルには心を打たれてしまった

魔法使いの国では恋も結婚も魔法でどうにでもなる(らしい)
それはそれで…いいのかもしれないけど
人の気持ちが魔法で思い通りになる世界って味気ないだろうな

映画が終わって
もしも自分に魔法が使えたらどうするだろうと考えた



会社の環境改善に使いたい

一番にそう思ってしまった自分が情けなくもあり…orz
[PR]
by miniusagi52 | 2005-09-04 21:20 | 映画

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧