主人公

このタイトルもまた さだまさしさんの歌の題名なのだけれど。

歌詞がとても好き

人生の中でいろんな分かれ道があって
どっちを選択するかは自分でしかなくて
その選択肢を選んで後悔するのも自分でしかない

時々思うことがあって…

自分の立つべき人生という舞台は
立てるのは自分しかいなくて
常に自分が主役であるわけで

主役である以上、その人生の幕が降りるまでは
演じ続けなければならないんだなって
でも主役なんだから一緒に舞台に立つ役者さんも
必ず必要な重要な人物であるわけで
その役者さんがいてこそ主役である意味をもつのであって
勝手に舞台を放棄してしまっては
脇を固めてくれる役者さんに対して申し訳ないなって

だから一生懸命生きなきゃなって思う
辛くても苦しくても投げ出したくても
その分
楽しくて嬉しくて小さな幸せを見つけたりできることだってある
ちゃんとバランスがとれてるんだな
人生ってそんなもんなのかもしれない どんな選択をしたとしても…

う~ん…何が言いたいのかな( ̄ー ̄;
まとまらないけど
ひとりごとってことで…
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/1885559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ririko_karen at 2005-04-28 08:53
この曲は 私の結婚のときに弟がギターで弾き語りをしてくれた曲です
「自分が人生の主人公」。。。 毎日振り回されて 忘れがちだkれど 
ふとしたときに ちゃんと歩かなくちゃと思うのです
周りを固めてくれている人たちも それぞれの主人公だってことも
忘れないようにと思っています。

Commented by miniusagi52 at 2005-04-28 23:04
りりこさん、思い出の曲なんですね(^-^)
そうなんです、皆それぞれの主人公。
誰をも否定しちゃいけないしそれぞれの人生なんですよね。
by miniusagi52 | 2005-04-28 01:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧