今更ですがハウルの動く城に感動

一休さんもハウルについて書いてた記事があったと思い出し
遅ればせながらTBさせていただきますm(__)m

いやーやっとですよ。
なかなか見に行く時間もとれず(涙)
年が明けてからもネットで開演時間を調べてから出かけてもチケット売場の行列で挫折
今日は意地でも見ようと出勤するのと同じ時間に家を出て並んだ(もう根性)




見終わった感想
とにかくよかった
終わって出てくるときに なんだか自然と笑顔になれた
魔法かなぁ(笑)
下の娘も連れて行ったのだけど なんか笑顔になるねーって二人で同じ感想だった
すごく不思議な現象

キムタクの声優ぶりがいろいろ取り沙汰されたようだけど全く気にならなかった
っていうか「ホントにキムタクなの?」って耳をすましてみたくらいだった

一番ゾワッと感動したのが キムタクハウルの言葉だった
「今までずっと逃げてばかりだった でも守るものができた それが君だ」
そう言って戦いに行った時 
もぉぉかっこいい…ハウル♡

ラストシーンはちょっと『天空の城ラピュタ』とかぶったかな とも思ったけれど。

出てくるキャラクターすべてが愛すべき存在に感じた
もう一回観たいな…
すみずみまでちゃんと ストーリーを把握したうえでもう一回
そう思える映画だった
[PR]
トラックバックURL : http://miniusagi.exblog.jp/tb/1541114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from KOBECCO at 2005-01-13 21:32
タイトル : Scene549 宮崎アニメの集大成?「ハウルの動く城」
キムタクの声が気になるかな?と思って見に行った「ハウルの動く城」。 原作は読まないでみる主義なので、原作の違いはどうかとも言えないのですが、ジーンときました。 種明かし的なシーンもあるのですが、主人公の少女「ソフィ」は、宮崎さんの好きな女の子だし、臆病でシャイなハウルも宮崎アニメの男の子のパターン。そんな二人が、戦争(多分第一次大戦のイメージだよな)とか魔女との戦いを通して、心が通じ合い、そして。。。 最後ちゃんとハッピーエンド。でも続く。。。っていう進行ですね。 途中は、宮崎さんらしい、...... more
Tracked from 一休寺 at 2005-01-14 16:42
タイトル : ハウルの動く城
ハウルの動く城を見てきました。 ハウルはかっこよくて、なんでもできて、要するに男から見ると憧れるのかも。 今更、ハウルになりたいなんて言わないけど。 女の人から見ると、どうなんだろう。やはり、ステキだと思います。 木村拓哉さんは、気にならなかったし、倍賞智恵子さんも、彼女しかできなかったなぁと思う演技(声の)がありました。 ※あとで、追記すると思います 何回も観たいなぁなんて思いました 追記しました。そして、2回目を観ました。(観すぎですか?)... more
Commented by panchan1121 at 2005-01-13 21:31
キムタクの声は、大体良かったですよね。
これ以上は、コメントするのが面倒なので、TBさせて頂きます。
お暇なときにどうぞ。
Commented by miniusagi52 at 2005-01-13 21:40
TBありがとです♪
しっかりコメント返しさせてもらいました(笑)
しばらくハウルと主題歌が頭から離れそうもないです(;^_^A
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-01-14 16:44
>今までずっと逃げてばかりだった でも守るものができた それが君だ
まさに、ここ、カッコよかったです。

どこで泣いたの?とか、聞かれますが、ここでもちょっぴり泣きました。。。へへへ

TBありがとうございます。
Commented by miniusagi52 at 2005-01-14 22:29
一休どん、逆TBまでありがとです(^-^)
このセリフのところは鳥肌が立ちました。
カカシの一途さに切なくなりました。
やっぱりもう一回観たい・・・
by miniusagi52 | 2005-01-13 13:54 | 映画 | Trackback(2) | Comments(4)

きてくれてありがとう


by みにうさ
プロフィールを見る
画像一覧